【クラッシャー上司へ復讐するのが私の望む未来】ブラック上司への恨みが積もりに積もっている女

Uncategorized

 

入社後3か月の研修を経て営業部に配属されましたが、上司や先輩から特に何も指示などをもらえない日々。

日中になると、他の部員たちは全員それぞれの営業活動に出かけ、会社に独りぼっちで取り残される日々。

 

右も左も何もわからない中で会社に放置され、何をしたらいいのかも分からず、あれ?新入社員ってこんなものかととても違和感を感じました。

 

他の会社に就職した友人に話しを聞くと、研修スケジュールが決まっていたり、教育係が決まっていて同行商談を行っていたり、会社に放置されている新入社員は聞いたこともなかったので衝撃でした。

さらに、新入社員は売上を稼いでいないのだから残業代が発生するため残業をしてはいけないという謎ルールのもと毎日定時で帰る事だけは厳しく指導され違和感しかありませんでした。

 

 

 

上司がとことん不公平

上司がすごくよくある苗字のため、社内全員が下の名前にさんを付けて呼んでいました。社員だけでなくパートさんまでもがそのように呼んでいたので私もそのように呼ぶと「新入社員なんだから、苗字+役職で呼ぶように」と言われました。何で私だけ?と思いましたがまあ仕方がないと従いましたが、私と同期の他部署のメンバーがその呼称で呼んでも何もなし、私の後に入ってきた新入社員が呼んでも指摘なし。その不公平さにとても腹が立ちました。さらに私が部署移動をする際に、得意先の発注システムのログイン登録を引き継ぐと、「上司の俺がそれをしなきゃいけないのか!」と激怒。一担当として必要な登録である、かつそのような手間の作業が多いので私の後輩に引き継ぎたいといった際に「俺がやるから大丈夫」と言ってたくせに!ととてもムカつきました。

 

 

引き継ぎ作業もろくにできないダメ上司

私が他部署に異動することになった時のこと。そもそも若手が少ない会社で今まで滅多に部署異動がなかったにも関わらず、社長の思い付きで決まったジョブローテーション。異動を告げられたのは、異動の約2週間前。当時30個の営業得意先を持っていた私は引継ぎ作業に追われ、毎日7時から出社し20時過ぎまで仕事をしても引継ぎが終わらないという日々を送っていました。そんな中「まあ大した売上のない得意先だから引継ぎ者とりあえず全部俺でいいよ」と上司から言われ、時間をかけた引継ぎ書にも一向に目を通してもらえず。結局、私が他部署に異動してから不明点などが見つかり、新しい部署まで上司がやってきて引継ぎ内容の詳細を確認され、挙句の果てには「この引継ぎ書不備たくさんあるよね、もっと詳しく書いてよ」の一言。引継ぎ前に詳細を確認していれば防げたこと、かつその態度にとても腹が立ちました。

 

 

クラッシャー上司に復讐するのが夢

その上司が困る未来がほしい。そもそも得意先とのマメな連絡などができるタイプではないので、30個の得意先をこなすのは絶対に無理。すでに納品スケジュールが怠っていたり、得意先に迷惑がかかっている模様。規格書の提出なども期限を守れておらず、得意先の担当者から前任者の私に対して連絡が来ているような状態。ただ相変わらず、同じ事務所にいる私に聞こえる声でWEBMTで「まあ大した得意先はないから、大丈夫だろう」と話している模様で、本当に困ればいいと思いました。性格悪いかもしれませんが大きな失態を起こして会社から追放されればいいのにとも思います。他部署の女と不倫していた証拠も持っているので、いつかそれを本人にぶつけぎゃふんと言わせてやりたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました