【仕事できないプライドだけ高い上司に限界】会社を辞めたいと言ったのに自分のプライドを守るヤメハラ上司

 

私が退職を決意したのは

尊敬していた上司を見損ない環境を変えたいと思い辞めることを決意しました。

 

実は入社前の面接で自分自身のやりたいことと上司のやりたいことややっていること、これからやっていきたいことがとても合い是非一緒に働きたいと感じ入社を決意しました。

 

なんでもやらせてくれる会社でとても挑戦できる会社ではありましたが、だんだんと日が経つにつれて上司の本性が暴かれていきました。

急に態度が変わったり、サイコパスのような素振りを見せたり。

小さな会社であったため上司に意見を言える人がいませんでした。

 

勇気を振り絞ってここを変えてほしいなど提案したのにも関わらず、受け止めるのではなく突き放す言い方をしてきました。

なんでも言いがかりをつけてやりたい放題でとてもその下で働いていけないと感じるようになりました。

他の同僚も同じようなことを思っておりこれは只事ではないと感じました。

 

退職希望を告げると

辞めると伝えたら、今まで上司ができなかったことを今ごろになってやろうとするようになりました。

もともと放任主義で挑戦をさせてもらえる環境でした。

 

入社当時にこれをやりたい!と伝えてあり上司もサポートすると言ってくれそれを目標に頑張ってきました。

しかし2.3年経ってもなかなかその目標は達成できませんでした。

自分自身の実力もありますが、それよりも上司のサポート、声がけがひとつもなくとても悲しくなりました

 

今になって辞めると伝えたら、自分の名誉を傷つけたくないのか上司が育て上げたように今頃になってその掲げていた目標をひっきりなしに言ってきました。

今頃で遅いよ、と思う事ばかりでした。

辞める理由なども言いたくなかったのに突き詰めてきたり、次の就職先を決めてきたり、とても勝手なことをされました。

 

ヤメハラが起こる理由はこうだと思う

辞めると言われたあとに、自分が原因でないのかを感じ、誤解を解くためにその穴を埋めようとするのだと思います。

また、それに納得したくなかったんだと感じます。

 

辞めていくことにマイナスなイメージを両者でつけたくなかったのかなとも思います。

その会社では村のように一つのグループが出来上がっており、変えるにも変えれずその環境に溶け込むしかないのだと全ての会社や仕事場では発生しているのだと思います。

 

その間違った固定概念や価値観からいじめなどが生まれるのもある一つの原因であると思います。

固定概念がずっと纏わりついているからこそ辞めていく人、その村、環境に合わない人が距離を離され否定され追い込まれいじめられるのだと思います。

 

 

外から見る会社と中に実際に交わって見る会社とはとてもイメージ、印象が違いすぎます。

 

  • サイコパスのように人に冷たくしたり優しくしたり死んだ魚の目で人に指図をする上司。
  • 周りはみんな気づいているのに1人だけ気づけない上司。
  • それが悪いとわかることを認めずやり通す上司。
  • 相手から来るのを待つことしかできない上司。
  • 部下が正しいことをしているのにそれを認めない上司。
  • 残業代も出ない中、残業や大変なことをしているのにそれを見て見ぬふりをして自分は他ごとをして助けようともしない上司。
  • 今まで出会ったことのないとても間抜けで見苦しい上司。
  • 上司のせいで精神的にやられた人がたくさんいることを本人は知らない上司。

 

ある意味とてもいい経験になりました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました