ICFについて

【日本ICF情報支援機構について】

image

 一般社団法人日本ICF情報支援機構は、“共に生きる”『Around the World 想いは、世界を変える』という理念に基づき、WHOが提唱する『ICF』国際生活機能分類に従い、生活機能(心身機能・身体構造)、背景因子(環境因子・個人因子)、健康状態と言う観点で個々の問題をとらえます。

 当団体は、人種・国籍を超えて厳しい環境にある子供と一人親家族など生活困窮者・障がいや難病を抱えた人とそのご家族関係者が、地域社会で共に暮らすために大切な、老老介護・就労などの問題解決に向けた取り組みをしています。

 地域福祉・教育・医療の担い手となる人材育成に向けた交流会・シンポジュウム・セミナー・勉強会などを推し進め、ケアを必要とするすべての人の『ライフデザイン』を創造し実現する為の情報を『ICF CLUB』は、提供しています。

目的に賛同する支える側、支えられる側の個人と多種多様なジャンルで活躍する個人を含めた企業・団体に『ICF CLUB』の会員となっていただいております。


【ICFについて】

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)は、2001年5月に開かれたWHOの総会で採択された機能障害と社会的不利に関する分類である。 

 ICFでは、人間の生活機能と障害について、
『心身機能』
『身体構造』
『活動と参加』
『環境因子』
について、約1500項目に分類している。

http://www.icfillustration.com/icfil_jpn/