ICF型CCRCコンサルティング

【日本版ICFCCRC構想】

政府が推し進めるCCRCは、地方創生に向けた日本版として進められようとしております。
米国で1970年代富裕層向けに、また、401kなどの個人年金によるリタイアメントスタイルから発展し多くの問題を抱えながらも変遷を経て大学キャンパスの活用等、問題解決を目的に多種多様なCCRCが、形成されています。

日本の政府は、生涯活躍のまち(日本版CCRC)を地域創生の切り札と考えています。
CCRCのフィールドで従事する人材育成問題や財政負担への不安等、まだまだ多くの問題が、解消されないままです。
それぞれの自治体では、足掛かりを模索しながらも他の自治体の動向を静観しながら慎重に日本版CCRCへの取組みを進めようとしています。

そこで日本ICF情報支援機構では、少子高齢化のみならず障がい者の高齢化や母子家庭問題等、それぞれのライフステージで解決すべき問題をICFの本来の分類学に止めず広くCCRCの枠組みに取り入れ、多種多様な人々が、互いに支え支えられ必要とされる人として共に生きる歓びを分かち合えるICF型CCRCの実現に向け情報収集と情報提供に努めております。

【ICF型CCRCコンサルティング】

日本ICF情報支援機構は
この取り組みに賛同いただける「福祉」「医療」「教育」に係る個人と企業が集い
共に生きる街づくりを目指すソーシャルプロジェクトチーム
「ICF CLUB」を開設し、運営しております。

【法人様ご相談窓口】

form

会社・団体名

ご担当者様名※必須

メールアドレス ※必須

都道府県※必須

お問合わせ内容※必須