『ICF CLUB』会員規約

一般社団法人日本ICF情報支援機構『ICF CLUB』会員規約

第1章 総則

(名称)

第1条 一般社団法人日本ICF情報支援機構(以下「日本 ICF」といいます。)が提供する、この会員制サービスは、『ICF CLUB』という。

(事務局)

第2条 この『ICF CLUB』の事務局は東京都千代田区丸の内2−3−2郵船ビル1階 日本ICF内に置く。

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 この『ICF CLUB』は、“共に生きる”『Around the World 想いは、世界を変える』という理念に基づき、厳しい環境にある子供と一人親家族など生活困窮者・障がいや難病を抱えた人とそのご家族関係者に対し、人種・国籍を超えて国際社会及び地域社会で共生できるよう会員向けの情報を提供します。
また、会員には、共に暮らすために大切な、老老介護・就労などの問題解決に向けた、地域福祉・教育・医療の担い手となる人材育成とケアを必要とするすべての人の『ライフデザイン』を創造し実現する為の情報を『ICF CLUB』は、提供いたします。
目的に賛同する支える側、支えられる側の個人と多種多様なジャンルで活躍する個人を含めた企業・団体も『ICF CLUB』の会員となっていただきます。
『ICF CLUB』とは、共に『ライフデザイン』を創造し実現する取り組みを推し進める為に創設された『会員制CLUB』です。

(目的の種類)

第4条 この『ICF CLUB』は、前条の目的を達成するため次に掲げる活動を行う。
(1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2)社会教育の推進を図る活動
(3)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(4)人権の擁護又は平和の推進を図る活動
(5)国際協力の活動
(6)子どもの健全育成を図る活動
(7)情報化社会の発展を図る活動
(8)経済活動の活性化を図る活動
(9)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(10)消費者の保護を図る活動
(11)前各号に掲げる活動を行う個人・団体・企業の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

(事業の種類)

第5条 この『ICF CLUB』は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 地域福祉・教育・医療などの無料セミナーの開催
(2) 地域福祉・教育・医療などの講演会・シンポジュウムの開催
(3) 会員交流会・勉強会の開催
(4) 同業者交流会・勉強会のご案内
(5) 異業種交流会・勉強会のご案内
(6) 就労の相談と起業など各種専門分野からの横断的支援コンサルティング
(7) その他第3条の目的を達成するために必要な事業

 

第3章 会員

(種別)

第6条 この『ICF CLUB』を利用する会員は、次の個人2種と団体・企業とする。
(1)個人会員(ICF会員・一般会員)
(2)団体・企業会員

(利用契約)

第7条 会員の利用契約については、特に条件を定めない。
2 会員として利用契約しようとするものは、別に定める入会(利用契約)申込書により、 事務局に申し込むものとし、事務局は、正当な理由がない限り、利用契約を認めなければならない。
3 事務局は、前項のものの入会(利用契約)を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)

第8条 会員は、別に定める入会金及び会費(利用料)を納入しなければならない。

(会員の資格の喪失)

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
 (1)退会届の提出をしたとき。
 (2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
 (3)継続して、3ヶ月以上会費(利用料)を滞納したとき。
 (4)除名されたとき。

(退会)

第10条 会員は、別に定める退会届を事務局に提出して、任意に退会することができる。

(除名)

第11条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、これを除名することができる。
 (1)法令又は『ICF CLUB』の規則に違反したとき。
 (2)『ICF CLUB』並びに『一般社団法人日本ICF情報支援機構』の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(拠出金品の不返還)

第12条 既に納入した入会金、会費(利用料)及びその他の拠出金品は、返還しない。

第4章    第9章 雑則

第13条 この利用規約の施行について必要な細則は、事務局がこれを定める。

 

附 則

1 本規約は2016年2月Ⅰ日より実施するものとします。

2 この本サービスの入会金及び会費(利用料)は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。
また、入会金及び会費(利用料)の払い込みに係る費用は、会員負担とする。

3 尚、オプション料金については細則にて定める。
(1)個人会員 Ⅰ:ICF会員     入会金 ¥1,500 月会費  免除
        Ⅱ:一般会員     入会金 ¥3,000 月会費  免除
   ※個人会員は、入会と同時に永久会員となり月会費は、免除いたします。
(2)団体・企業会員  入会金   免除   月会費¥3,000(1口)
   ※ライフデザインを創造し実現する取り組みを共に推し進める団体・企業会員の入会金につては、免除させていただきます。
月会費については、入会申込時に口数を申し出ていただき所定の郵便振替用紙にてご送金いただきます。
毎月の会費は、入会された翌々月からお申し出いただいた口座にて振替させていただきます。

 

『ICF CLUB』月会費口座振替特約

(平成28年2月制定)

(目 的)

第1条 この特約は、一般社団法人日本ICF情報支援機構『ICF CLUB』会員規約第7条3項の入会(利用契約)における第8条(入会金及び会費)の口座振替に関する事項について定めます。

(特約の適用)

第2条 一般社団法人日本ICF情報支援機構(以下「日本 ICF」といいます。)は、『ICF CLUB』と利用契約を締結する団体・企業会員が、「日本 ICF」と提携している金融機関等(以下「提携金融機関等」という。)に指定口座(団体・企業会員が指定する他の口座名義人を含む。以下同じ。)を設置し、かつ、その指定口座から「日本 ICF」の口座(「日本 ICF」が当該利用契約の月会費の収納業務を委託している機関の指定する金融機関等の口座を含みます。)へ当該利用契約の月会費の口座振替を委託する場合に、当該利用契約に対してこの特約を適用します。

(特約の付加)

第3条 この特約は、当該利用契約締結の際または当該利用契約期間の中途において、契約者から申出があり、『ICF CLUB』がこれを承諾した場合に、当該利用契約に付随して付加することができます。

(利用契約期間)

第4条 この特約を締結しようとする利用契約は、双方から別段の意思表示がないときは、当該利用契約の更新継続とします。

(月会費の払込)

第5条 利用契約の締結の際にこの特約を付加する場合は、つぎのとおり取り扱います。
(1) 月会費の初回相当額は、利用契約締結の際、「日本 ICF」から指定された方法で直接、払い込み。この特約を付加し、第2回目の月会費から口座振替を行います。 (2) 利用契約の月会費は、払込期間中の「日本 ICF」の定めた日(この定めた日が提携金融機関の休業日に該当する場合は翌営業日とします。以下この日を「振替日」という。)に指定口座から月会費相当額を「日本 ICF」の預金口座に振替えることによって、『ICF CLUB』に払い込まれるものとします。

(口座振替不能の場合の取扱)

第6条 月会費の振替が不能の場合には、つぎのとおり取り扱います。
(1) 不能回数が1回目の場合は、翌月分の振替日に再度翌月分と合わせて2ヵ月分の月会費の口座振替を行います。
(2) 前項の規定による月会費の口座振替が不能(不能回数2回目)の場合には、その翌月の猶予期間内の口座振替日に3ヵ月分の月会費の口座振替を行います。このとき振替不能で、かつ猶予期間内に払い込まれないときは、利用契約は猶予期間満了日の翌日から効力を失います。

(諸変更)

第7条 『ICF CLUB』と利用契約を締結する団体・企業会員は、月会費振替のための口座(以下、「指定口座」という。)を同一の提携金融機関の他の指定口座に変更することができます。また、指定口座を設置している提携金融機関等を他の提携金融機関等に変更することができます。この場合、あらかじめ「日本 ICF」に申し出るものします。
2.  利用契約者が月会費の振替の取り扱いを停止した場合には、あらかじめ「日本 ICF」に申し出て他の払込方法を選択するものとします。
3.  提携金融機関等が月会費の振替の取り扱いを停止した場合には、「日本 ICF」はその旨を利用契約者に連絡し、この場合には、利用契約者は指定口座を他の金融機関等に変更するか、他の払込方法を選択して月会費を払い込むものとします。
4.  「日本 ICF」は、「日本 ICF」または提携金融機関等のやむを得ない事情により振替日を変更することがあります。この場合、「日本 ICF」はその旨をあらかじめ『ICF CLUB』と利用契約を締結する団体・企業会員に連絡します。

(特約の消滅)

第8条 つぎの場合には、この契約は消滅します。
(1) 利用契約が消滅または失効したとき
(2) 月会費の払込みを要しなくなったとき
(3) 他の月会費の払込方法に変更したとき

(主会員規約の準用)

この特約に別段の定めがない場合には、「日本 ICF」『ICF CLUB』会員規約の規定を準用します。