ー祝 文ー

ー祝 文ー

 このたび、森の演出家の土屋一昭さんの環境大臣賞(個人賞)受賞、パティシエの関谷真紗美さんの環境大臣賞(自治体賞)受賞、シニア世代ファッションショー・ババコン 【青梅若者カフェ】の川崎茜さんの内閣府特命担当大臣賞受賞、誠におめでとうございます。これまでの日々のご努力に心から敬意を表します。土屋さん、関谷さんは木村塾生でもあり、土屋さんの活動内容は、私の著書「地域創生 実践人財論」(ぎょうせい)に取り上げさせていただいております。地域に根差し、笑顔、感動と感謝の活動内容に公の評価がなされたこと、各賞の受賞を心からお慶び申し上げます。

 地域創生の大切なポイントは、部分個別最適化ではなく、地域の「全体最適化」です。それには、いかに連携、協働して、ネットワーク構築するかが重要となります。それぞれの受賞を契機に、地域に大切な取組がつながり合い、さらに輪が広がり、進化することを心から祈念申し上げます。

 日本の各地域の特性を大切にし、各地域に将来の希望と活力をもたらすため、地域創生に関する学術的研究や提言、地域を担う人財養成を目的に設立の「日本地域創生学会」としましても、今後の事業構想や実践行動に、協力・応援させていただきます。お三人のご健勝、益々のご活躍、各地域のご発展を心から祈念申し上げます。

 

東京農業大学教授・日本地域創生学会会長 木村俊昭


木村俊昭
1960年北海道生まれ。1984年に小樽市へ入庁。
議会事務局、経済部商工課、産業振興課、企画政策室などを歴任し、当時、港湾業が廃れ、「斜陽の街」と呼ばれていた同市の地域活性に奔走。
全国初の歴史的建造物を活用したライトアップや、老舗ガラス工房誘致によって「ガラスの街・小樽」としてのブランド化に成功。
小樽市は見事、観光都市として生まれ変わった。
街おこしの手腕を買われ、2006年から内閣官房・内閣府に出向。
内閣府企画官(地域活性化担当)として地域再生策の策定や調査研究などを担当。
2009年より農林水産省大臣官房企画官として、地域の担い手の育成、地域ビジネスの創出、6次産業化などを手掛けてきた。
2011年に「木村俊昭の北海道スーパー公務員塾」を開講。現在も地域活性の伝道師として、全国各地で講演・現地アドバイスを実施している。

情報提供:株式会社ペルソン 講演依頼.comより
https://www.kouenirai.com/profile/5541
(2018/03/02)